小物やインテリア雑貨、キッチン道具から懐かしの玩具まで。和風アイテムを取り揃えたお店、和敬静寂

こだわりの和雑貨 和敬静寂

  • 上州瓢箪 ひょうたんの置物17 三瓢子セット 台付き 研ぎ出し加工仕上げ 群馬県の工芸品 作者:天笠修次 Gourd ornament, Gunma craft
  • 上州瓢箪 ひょうたんの置物17 三瓢子セット 台付き 研ぎ出し加工仕上げ 群馬県の工芸品 作者:天笠修次 Gourd ornament, Gunma craft
  • 上州瓢箪 ひょうたんの置物17 三瓢子セット 台付き 研ぎ出し加工仕上げ 群馬県の工芸品 作者:天笠修次 Gourd ornament, Gunma craft
  • 上州瓢箪 ひょうたんの置物17 三瓢子セット 台付き 研ぎ出し加工仕上げ 群馬県の工芸品 作者:天笠修次 Gourd ornament, Gunma craft
  • 上州瓢箪 ひょうたんの置物17 三瓢子セット 台付き 研ぎ出し加工仕上げ 群馬県の工芸品 作者:天笠修次 Gourd ornament, Gunma craft
  • 上州瓢箪 ひょうたんの置物17 三瓢子セット 台付き 研ぎ出し加工仕上げ 群馬県の工芸品 作者:天笠修次 Gourd ornament, Gunma craft
  • 上州瓢箪 ひょうたんの置物17 三瓢子セット 台付き 研ぎ出し加工仕上げ 群馬県の工芸品 作者:天笠修次 Gourd ornament, Gunma craft
  • 上州瓢箪 ひょうたんの置物17 三瓢子セット 台付き 研ぎ出し加工仕上げ 群馬県の工芸品 作者:天笠修次 Gourd ornament, Gunma craft
  • 上州瓢箪 ひょうたんの置物17 三瓢子セット 台付き 研ぎ出し加工仕上げ 群馬県の工芸品 作者:天笠修次 Gourd ornament, Gunma craft
  • 上州瓢箪 ひょうたんの置物17 三瓢子セット 台付き 研ぎ出し加工仕上げ 群馬県の工芸品 作者:天笠修次 Gourd ornament, Gunma craft
  • 上州瓢箪 ひょうたんの置物17 三瓢子セット 台付き 研ぎ出し加工仕上げ 群馬県の工芸品 作者:天笠修次 Gourd ornament, Gunma craft
  • 上州瓢箪 ひょうたんの置物17 三瓢子セット 台付き 研ぎ出し加工仕上げ 群馬県の工芸品 作者:天笠修次 Gourd ornament, Gunma craft

上州瓢箪 ひょうたんの置物17 三瓢子セット 台付き 研ぎ出し加工仕上げ 群馬県の工芸品 作者:天笠修次 Gourd ornament, Gunma craft

44,000(税込)

440ポイント還元

商品コード 20019068
数量
群馬県太田市で、ひょうたんの栽培から加工仕上げまで行う、天笠修次氏の瓢箪置物です。

こちらは木製の台に瓢箪を3つ並べたセットで、縁起の良い三瓢子(三拍子)になります。
三拍子とは、能楽の囃子で大鼓・小鼓・太鼓の3種の楽器でとる拍子のこと。
これらの楽器がうまく揃って調和がとれていると「三拍子揃う」と言い、すべての要素・条件が整うという意味になり、縁起の良い言葉となりました。

瓢箪はその末広がりの形から、縁起の良いものとして昔から親しまれてきました。
三瓢子(三拍子)以外にも、六瓢(無病)など、数を揃えて縁起物にもなります。
瓢箪は、古来から農作物の種入れや、酒の容器として使われてきました。
現代では縁起の良いインテリアとして見かけるようになっています。

この瓢箪の置物は、研ぎ出しという手法で柄を出しています。
何重にも色を塗り重ね、完全に乾いた後で、紙ヤスリで表面を削り、磨いていくことにより、下層にあった色が表面に出てきます。

栽培から加工仕上げまで、時間と手間をかけて仕上げられた、上州瓢箪。
縁起の良いインテリアとして、和室洋間問わずお飾りください。

>> 上州瓢箪の一覧ページはこちら

サイズ:約幅64×奥16×高28.5(cm)
重量:約1.2kg
※上州瓢箪は、天然素材から作られた手づくり工芸品です。表面に多少の汚れや傷がある場合があります。ご了承ください。
上州瓢箪

瓢箪が日本人に親しまれる理由

瓢箪はその末広がりの形から、縁起の良いものとして昔から親しまれてきました。
三瓢子(三拍子)、六瓢(無病)など、数を揃えて縁起物にもなります。

瓢箪は、古来から農作物の種入れや、酒の容器として使われてきました。
現代では縁起の良いインテリアとして見かけるようになっています。

上州瓢箪

瓢箪の加工

収穫した瓢箪の中身をくり抜き、十分に乾燥させます。
そこから色塗りや穴あけ加工をしていきます。

窪みのあるものや、平らな面のあるものは、瓢箪の成長過程で紐をかけたり、板を当てたりして、狙った形に作り上げていきます。

まだら模様の瓢箪は、何重にも色を塗り重ね、完全に乾いた後で、紙ヤスリで表面を削り、磨いていくことにより、下層にあった色が表面に出てくる、『研ぎ出し』という方法で作られています。

上州瓢箪

当店で取り扱う『上州瓢箪』を作っている天笠修次さんは、群馬県太田市の工房で作品作りを行っています。
バランスの良い形のものを育て上げるのには、大変な苦労があると言います。

天笠さんの作り上げた瓢箪の中から、インテリアとして飾るのにちょうどいい、小ぶりなサイズの置物と、行灯ランプシェードを、当店では取り扱っています。

職人の技術と忍耐が生きています。
末広がりの縁起物をぜひご自宅や事務所にお飾りください。


関連コラム

関連商品

最近チェックした商品

マイページにログインして保有ポイントや購入履歴をご確認いただけます

新規会員登録ですぐに使える
500ポイントをプレゼント!

  • 日本の工芸品
  • 福を招く縁起物
  • 猫部屋