小物やインテリア雑貨、キッチン道具から懐かしの玩具まで。和風アイテムを取り揃えたお店、和敬静寂

こだわりの和雑貨 和敬静寂本店

  • 桐の収納箱 アクセサリーケース・小 (017) 箱長の桐工芸品 木目込細工 桐製・時代仕上 Accessory case of Paulownia, Hakocho
  • 桐の収納箱 アクセサリーケース・小 (017) 箱長の桐工芸品 木目込細工 桐製・時代仕上 Accessory case of Paulownia, Hakocho
  • 桐の収納箱 アクセサリーケース・小 (017) 箱長の桐工芸品 木目込細工 桐製・時代仕上 Accessory case of Paulownia, Hakocho
  • 桐の収納箱 アクセサリーケース・小 (017) 箱長の桐工芸品 木目込細工 桐製・時代仕上 Accessory case of Paulownia, Hakocho

桐の収納箱 アクセサリーケース・小 (017) 箱長の桐工芸品 木目込細工 桐製・時代仕上 Accessory case of Paulownia, Hakocho

3,300(税込)

33ポイント還元

商品コード 20020258
数量

在庫:1個

1つ1つ職人により丹精を込めて作られた、東京浅草の桐工芸品製造「箱長」の木工品です。

こちらは桐材で作られた、アクセサリー収納ケースです。

桐材は、昔から箪笥(たんす)の材料として使われてきました。
それには理由があります。

1つは、湿気対策。
湿度が高くなると、桐材が湿気を吸収し、膨張します。
すると、タンスの隙間が塞がれて密閉性が高くなり、中には湿気が入り込まなくなります。
逆に乾燥してくると、桐材は収縮します。
適度な隙間ができて通気性が良くなり、中の湿気を外へ逃します。

2つ目は、桐が燃えにくいこと。
桐材は熱伝導性が低く、例えばボヤが起きたとしても、その熱がタンスの中まではなかなか届かないのです。
つまり、桐のタンスは中身を守ってくれるんですね。

そんな桐材を使用した、昔ながらのデザインの収納グッズです。
ちりめん生地が木目込まれた装飾は、純和風。
宝石類や時計など、大切なものをしまう場所として、長くお使いください。

【箱長】
明治7年創業以来、箪笥や小物類を製造してきた、浅草の老舗です。
桐木目込み細工という、独自の装飾技法で桐工芸品を作り上げています。
木目込みとは、鈴や瓢箪、とんぼ、扇などの縁起物の図案を描き、彫刻刀で彫り、そこに和紙を裏打ちした着物地を木目込む技法です。
桐材と着物地の調和を大切にした江戸の技です。

>> 箱長の商品一覧はこちら

サイズ:縦21×横8×高4(cm)
素材:桐
箱長

関連商品

最近チェックした商品

マイページにログインして保有ポイントや購入履歴をご確認いただけます

新規会員登録ですぐに使える
500ポイントをプレゼント!

  • 日本の工芸品
  • 福を招く縁起物
  • 猫部屋
  • 独楽で遊べ!